大昭工業は、新規事業としてRPF(Refuse Paper & Plastic Fuel )を製造する自社工場「飛島グリーンキャンパス」をオープン致します。
 代替化石燃料として使用する事によりCO2削減に繋がるのはもちろん、お客様へコストダウンのご提案もできる取り組みです。

これからの低炭素社会を見据えたエネルギー供給会社としての私達の第一歩が、今、始まります。

DSC_0238.jpg
DSC_0242.jpg O1064603.jpg DSC_0306.jpg R0011119.jpg

RPFとは?

DSC_0290.jpg

「RPF」とは Refuse Paper & Plastic Fuel の略称であり、主に産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及びプラスチックを原料とした高カロリーの固形燃料です。
RPFは、石炭やコークス等、化石燃料の代替として、大手製紙会社、鉄鋼会社、石灰会社など多くの産業で使われています。

このRPFには以下のような特長があります。

 

 

RPFの特徴(利用メリット)

①品質が安定 発生履歴が明らかな産業廃棄物や選別された一般廃棄物(分別基準適合物相当)を原料として使用しているため、品質が安定している。
②熱量のコントロールが可能 ボイラー等のスペックに応じ、古紙と廃プラスチックの配合比率を変えるだけで容易に熱量変更可能。
③高カロリー 原料として廃プラスチックを使用しているため熱量が高く、石炭及びコークス並みで化石燃料代替として使用可能。
④ハンドリング性が良い RPFは固形で密度が高い為、コークス、粉炭等と同等の利便性をもち、貯蔵特性にも優れている。
⑤ボイラー等燃焼炉における 排ガス対策が容易 品質が安定し、不純物混入が少ないため、塩素ガス発生によるボイラー腐食や、ダイオキシン発生がほとんどない。 硫黄ガスの発生も少なく、排ガス処理が容易。
⑥他燃料に比較して経済性がある 現状で石炭の1/4~1/3という低価格 化石燃料や将来負担するであろう排出権購入の費用削減。 灰化率が石炭に比べ1/3以下となる為、灰処理費が削減可能である。
⑦環境にやさしい 総合エネルギー効率の向上と化石燃料削減によりCO2削減など地球温暖化防止に寄与。

RPF製造フロー

原料として受入れられた古紙、廃プラスチック類は、大きく分けて選別、破砕、成形の工程を経てRPFとして製品化されます。
家庭などから出る一般廃棄物を原料としたRDFと違い、RPFは、発生履歴が明らかな産業廃棄物や、選別された一般廃棄物を原料として使用している為、乾燥などの前処理が不要で製造プロセスが簡単になるという利点があります。そのため、製造のためのエネルギー消費量が少なく、かつ品質の安定した高カロリーの燃料が製造できるのです。

RPFとRDFの違い

RDF(Refuse Derived Fuel)は、家庭で捨てられる生ゴミやプラスチックゴミなどの廃棄物を固形燃料にしたものである。これに対しRPF(Refuse Paper & Plastic Fuel)は、RDFで利用されていた一般廃棄物ではなく、民間企業から分別された品質の良い(不純物の混ざっていない)産業廃棄物を原料とするもので、廃棄物の内容が明確であるため、RDFの欠点であった発熱量がコントロールでき、含水量が少なく、ダイオキシンの発生原因とされたPVCを除外できる。
燃料名 R P F
Refuse Paper & Plastic Fuel
R D F
Refuse Derived Fuel
分別収集方法 民間企業の分別排出に基づく
(排出元への引き取り条件提示による)
自治体による収集
(不特定多数の排出元による生ごみを含む可燃ごみ)
原料性状 組成 産業廃棄物が主原料の為、異物の混入は少なく、塩素濃度は低い。 各家庭での分別に限界あり。塵芥、不燃物異物、塩ビ等が混入し、塩素濃度は高い。
含水率 民間企業(工程系及び物流系)から排出されるので含水率は低い 家庭系ごみが分別されずに混入されているため水分率は高い
製品性状 発熱量
kcal/kg
5,000~10,000 kcal/kg
(紙混合比により調整可能)
3,000~4,000 kcal/kg
(調整不能)
サイズ 6~50mmφ
空気輸送可能な小径まで対応可能
15~50mmφ
小径サイズの製造は困難
灰分化率 7%以下 20%以下
付帯設備 集塵装置 集塵装置
脱臭装置
乾燥機用排ガス処理装置
腐敗防止添加剤供給装置
用途 ボイラー用燃料
RPF発電設備
石灰焼成用燃料
乾燥機用燃料
ボイラー用燃料
RDF発電設備
燃料としては用途が限定的である。

環境負荷低減効果

RPFのCO₂削減効果

RPFは、石炭(例. 輸入一般炭)に対して燃焼時に同一熱量回収を行う過程で、石炭よりも約33%のCO₂排出量低減効果のある高品位の燃料です。RPFを石炭代替燃料として使用することは、CO₂排出の低減と枯渇性資源の節減、埋立て処分場の延命などの相乗効果も含めると、地球環境にとても親和的な施策です。

同じ熱量回収時にRPFは石炭より約33%のCO₂排出量低減効果!!

石炭のCO₂排出量を1とした場合、同一熱量あたりのRPFのCO₂排出量は0.67!

※日本RPF工業会ホームページ参照